こんにちは。

札幌のビルは古い建物が多く、中心部の新しさという意味では仙台のほうが
真新しいビルが綺麗に整っているように思えます。
未だに20年以上経過し、補修、メンテナンスを行っていないものも多いと思います。

今回はビル入口のチャンネル文字(立体文字)が落下してきたので、
新たに付け替えてほしいとの依頼を賜りました。

文字の一部が欠けていますが、スチール製の重たいものをコーキングのみで
固定していたようでした。

当社としては直ちに対応した方がよいとご提案させていただき、
文字の図面もデータもないということでしたので、当社で計測データ化し
カルプ素材という軽くて丈夫なものに交換することとなりました。

また、下地の看板板が塗装が剥げていたり、塗装ムラのようなものができているので
見た目が綺麗になるように、正面のボード設置もご提案させていただきました。

(既存の文字をはがした状態)

(新しい面板)

新しい面板は既存看板の色に測色機を使って合わせています。
これで従来の雰囲気は壊れません。

(ボード設置後)




これで一安心です。
真新しく、安全な看板の設置完了です。
既存の備え付け看板に疑問や不安を感じた場合は
お気軽にご連絡ください。ご相談は無料です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください